Event is FINISHED

ソーシャルデザインとしてのフェスづくり入門「SF」 #3

Description
今年も多くのフェスティバルが開催されます。
フジロックやサマソニなどの大規模フェスをもちろん
全国各地で多様なオーガナイザーから次々に新たなフェスが生まれ
開催数、来場者数共に年々上昇してきています。
高まり続けるフェスティバルムーブメント
ただ、参加し続けているうちにこうも思ってきませんか?

「自分だったらこのアーティスト呼びたいな」
「自分だったらこんなフェスをつくりたいな」

そんな想いを形にしていく一歩目が本企画です。
 

本プログラムでつくっていくフェスは
「楽しい」はもちろん、その先まで行ってもらいます。

”フェスティバルとは理想の未来を一足お先に体験すること”だとして
参加者それぞれが思い描く理想の世界を、SDGs(Sustainable Development Goals)
というグローバルゴールを用いて
考え、クリエイティブしていきます。

これらの課題から1つ自分がコミットしたい、特に課題意識の強いものを選び
それが解決された後の世界を想像し、フェス企画として創造します。

これは、貧困や環境課題の解決のためのこれまでの方法論とは真逆のやり方です。
「現状を伝え、課題意識を啓蒙する」のではなくて「未来を想像し、希望を体験する」です。
これが「知っている」から「やっている」へ変化を促すエンターテイメントソーシャルデザイン
「ソーシャルフェス®」という概念です。
フェスづくりに正解はありませんが、実際にフェスを制作しているオーガナイザーの知識や技法を
学び、みなさんの想いを形にした作品としてのフェスを企画していきます。

そのアイディアが誰かの心を打つものであれば
あなた主催のフェスが実現するのはきっと時間の問題です。

フェスはもう、自分でつくる時代へ。


ーー

日時
2018年1月20日(土) 15時〜18時

場所
Ozoneオフィス
神奈川県横浜市港北区綱島西3ー21-19 ボヌールK 101号室

参加費
ドネーション制
(ご自身が感じた満足度に応じてお任せします)
※お金以外でも可
※Bitcoin可

参加人数
先着12名まで

持ち物
お飲物、筆記用具

ファシリテーター
雨宮優
・Ozone合同会社代表
・サイレントフェス™オーガナイザー
・Quantum Festivalオーガナイザー
・Mud Land Festivalオーガナイザー
・Cloud Goverment Lab研究員
・リーダーシップファシリテーター2級

あめみやの参照記事:



《こんな方々に特におすすめ◎》

・フェス企画、制作に興味がある。
・人と人を繋げるようなことがしたい。
・ソーシャルデザインに興味がある。
・重要な課題意識を持っていてそれを多くの人に伝えたい。
・エデュテイメント(Education+Entertainment)という方法に興味がある。
・音楽好きな仲間と出会いたい。

《こんな学びが得られます◎》

・フェスのつくりかたの基礎がわかる。
・アイディアの企画術が学べる。
・ソーシャルフェスという哲学がわかる。
・SDGsとは何かがわかる。
・難しいことを優しく楽しくする考え方がわかる。
・ミレニアル世代に向けたデザインの方法を学べる。
・自分が本当に成し遂げたいことが何か気づけるヒントが得られる。
 

「SF」 project.
Social Fest : 社会課題解決としてのフェス
Speculative Fiction : 現実世界と異なった世界を推測、追求してつくたれた作品
Self Future : 欲しい未来はつくろう
Produce by Ozone







Sat Jan 20, 2018
3:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Ozoneオフィス
Tickets
チケット FULL
Venue Address
神奈川県横浜市港北区綱島西3ー21-19 ボヌールK 101号室 Japan
Directions
東急東横線 綱島駅より徒歩10分
Organizer
Ozone #ソーシャルフェス
1,674 Followers